読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ、大学職員になろう〜元銀行員が語る転職とかの話〜

銀行員から大学職員に転職した人のブログ。あることないことテキトーにつらつらと。

面接対策 その3

前回の続き。 bank2university.hatenablog.com ◆前職に関する質問で、用意するエピソード3つ 1.前職で挙げた成果(わかりやすいもの) 2.仕事をするうえでの心がけ 3.最も苦労した場面 1.前職で挙げた成果(わかりやすいもの) 前職系のエピソード…

面接対策 その2

以前書いた、面接で整理すべきこと5つ 1.前職についた理由 2.前職で経験したこと、身についたノウハウ 3.転職理由 4.志望動機 5.ビジョン 今回は1と2、「前職について」をつらつらとイキマス。 bank2university.hatenablog.com ◆前職について聞…

経営破綻を予防するための指標

今回は、大学の財政状況を(割と簡単に)分類する方法が 日本私立学校振興・共済事業団から提供されているのです、という話。 大学選び(=就職先選び)には、 財務諸表を活用するといいという記事を以前書きましたが、 bank2university.hatenablog.com その学…

面接対策 その1

大学職員になるには、 当然ながら採用試験を受けて内定を取るしかないわけで。 そんな採用試験について、いろいろと書いていきます。 今日は、面接対策についての導入です。 ◆面接は「コツ」を押さえていないと突破不可能。 僕は元銀行員でバリバリの営業マ…

潰れない大学を見極める その2

「定員割れの大学が増えている」って聞いたことありません? 全国の私立大学のうち、 2015年度は43.2%に当たる250校が定員割れになったと文部科学省が発表しています。 しかも、定員の50%にも届かない大学が13校あるんだとか。 定員割れする大学を、今日は…

新卒採用と中途採用の違い。

大学職員は、中途採用が占める割合が比較的多いです。 新卒としての「就活」と、銀行を辞めて大学を受けた「転職活動」では (転活っていうのかな…??) 違いが多く、初めは僕も戸惑いました。 まず、就活と転活(と呼ぶことにします。)の違いをまとめてみ…

最新の大学職員給与事情についてまとめてみる。

「大学職員の給料は高い」と言われて久しいですが、 今いちど、ウワサの「大学職員の給与」について、 ソースとともにまとめてみたいと思います。 僕自身が転職活動するとき、 色んなブログやネットニュースに情報が散らばっていて、 どうもわかりづらいと思…

潰れない大学を見極める その1

各大学は、財務情報をホームページ上で公開しているわけですが、 (過去記事参照。) bank2university.hatenablog.com なにをどう見ていいのかわからないのも事実。 そこで、まず「その大学が潰れないか」にポイントを絞って、 見ておきたい箇所を簡単に列挙…

経営が健全な学校法人の見分け方

大学を運営している学校法人は 増えに増えて今や700以上あるわけですが、 (過去記事参照。) bank2university.hatenablog.com その中から、自分の職場を選ぶ場合、 どのような観点で見ていくか? パッと思いつくところでいけば、 評判をネットで検索したり…

大学増えすぎ問題。

今、日本に大学ってどのくらいあるか知ってます? 「大学職員になる」 イコール 「どこか一つの大学を選んで就職する」 わけですので、その大学がどの程度あるのかということは、 大前提として知っておく必要があります。 ◆そもそも「大学」とは。 大学(だ…

そうだ、仕事を辞めよう。

今の職場を辞めるって、勇気いりますよね。 でも、辞めるのってそんなにハードル高いんでしょうか。 そんな話。 ◆そもそも。 僕はとある中堅私大の文系学部をギリギリの成績で卒業して、 (遊びすぎて本当にギリギリだった。。。) 新卒で地元の第一地方銀行に…

大学職員は比較的、暇。比較的、ストレスフリー。

大学職員のなり方、中身をゆるゆるとお伝えしようというこのブログ。 まずは大学職員になってから感じた いちばんの印象についてです。 ◆大学職員の印象 誤解を恐れずに言いますと、 大学職員ってすんごい暇。 超ゆったりしてる。 コレ。僕の第一印象。 (っ…

そうだ、大学職員になろう。

どうもはじめまして、いつきと申します。 ◆いつきはこんなヤツ 僕はかつて地方銀行で銀行員として働いていましたが、 何とも仕事のストレスやノルマがキツイ… そんな時、 「そうだ、大学職員になろう。」 と、何ともふわっと思い立ち、サラッと転職。 3ヶ月…