読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ、大学職員になろう 〜元銀行員が語る転職とかの話〜

銀行員から大学職員へ、サラッと転職した人のブログ。大学職員専用の転職ノウハウをつらつらと。

新卒採用と中途採用の違い。

大学職員は、中途採用が占める割合が比較的多いです。

新卒としての「就活」と、銀行を辞めて大学を受けた「転職活動」では

(転活っていうのかな…??)

違いが多く、初めは僕も戸惑いました。

 

まず、就活と転活(と呼ぶことにします。)の違いをまとめてみます。

転職全般的な話になってしまいますが、

大学を受ける際も必ず通る道として知っておいてください。

 

◆採用する側が重視するポイントが全然違う!

 

新卒採用は、就業経験が無い状態での採用ですので、

将来性やポテンシャルを重視して採用します。

大学時代頑張ったこと等を通じて自己PRをするわけですね。

(懐かしい。)

 

しかし。

中途採用は、実績や実務上での能力を必要とされます。

あくまで、仕事での結果やノウハウが、

大学(採用する側)にとってどう活きるのか。

それが最重要ポイントです。

「前の職場で、何をどれくらいやったため、

こういった能力が身についており、

大学でのこの仕事に活かせます」

といった、具体的かつ一貫性のあるストーリーを描きましょう。

 

◆提出書類が違う!

 

転職活動には、通常のエントリーシートや履歴書以外に、

職務経歴書が必要になります。

職歴を重視する転活ならではの書類です。

しかしこれ、意外にクセモノでして、

書式が自由なんです。

(その割に、しっかり書かないと面接にもたどり着けないという…。)

 

転職サイトで書式をダウンロードして加工するのが無難です。

 

マイナビエージェントあたりがだいぶ親切。

 

◆配属部署を想定して面接してくる!

 

新卒採用は、大量に採用して

年齢ごとの社員人数ピラミッドを保っていく狙いもあるため、

ポテンシャル(コミュ力がありそう、地頭が良さそう等)で採用して、

後から配属を振り分けます。

 

ところが、

中途採用=即戦力。

 

中途採用をかけるということは、

 

「すぐにモノになる戦力が欲しい

具体的な部署がある」

 

ということです。

 

そもそも大学職員の場合、

採用人数が5人以下の少人数になるケースも多いわけで、

尚更すぐに使えそうな人材を採りたいハズなのです。

 

(聞いた話だと、1人の採用枠に150人来るとかの世界らしいッス。)

 

自分の専門スキルや、職場で身につけたノウハウを、

いかに大学の具体的な部署にハメ込んで、ストーリーを展開していくか。

 

ここがキモになってくるわけでございます。

 

 ◆募集時期が決まっていない!募集情報の収集が大事!

 

新卒は3月1日から解禁!みんな一斉にヨーイドン!なわけですが、

中途採用は人材が欲しくなったタイミングで求人募集をかけます。

大学ごとに本当にバラバラ。

なので、気になる大学があっても募集をしていなかったり、

求人募集を見つけたけど、エントリーシート締切が明日。。。

 

(これ実際僕もよくありました…。)

 

こういうことが多発しますので、情報を広く収集することが、

ナイスな求人募集に出会うポイントです。

 

大学職員の募集は、

マイナビ転職・リクナビNEXT等の大手転職サイトに

募集を出す大学もありますが、そこは何しろ人気業種。

 

応募の殺到を避けるために

「非公開求人」でエージェント系のサイトに出すこともあります。

 

あとは、優良な学校法人でも中規模程度で採用1人とかだと

ハローワークと学校の公式HPだけ」という学校もあります。

大企業と違って人事部が数人しかいないのに、

何百通もエントリーシートが来たら困るということもあるようです。

 

(それでも相当応募来るみたいですけどね。)

 

ということで、広く情報を収集するために、

登録しておきたい転職サイトをのせておきます。

 

サイトで求人を探す場合は、

「学校法人」「大学」のキーワードで検索。

大学職員以外の求人が引っかかることが多いですが、

 

(一般企業も、学校法人や大学で引っかかるように

求人にキーワードをわざと入れ込んでいるような気がする…)

 

根気よく、定期的にチェックすることをオススメします。

 

 

<転職サイト系>

 

1.マイナビ転職

2.リクナビNEXT

3.キャリアインデックス

 

マイナビ転職、リクナビNEXTに出している学校法人はやはり多いですね。

キャリアインデックスは、

ハローワーク+40の転職サイト(マイナビ転職・リクナビNEXT含む)

の求人が拾えるので、オススメです。

 

 

<エージェント系>

 

1.マイナビエージェント

2.リクルートエージェント

3.キャリコネ転職サービス

 

エージェント系は、非公開求人を扱っていることと、

担当のエージェントがサポートをしてくれることがメリットです。

エージェントは当然転職のプロなので、

大学職員以外の道も開けるかもしれないですね。

結局のところ幸せな転職ができれば、それでOKだと思います。えぇ。

キャリコネに関しては、企業の口コミも見れるので、

割と役に立ちます。

 

 

<その他>

 

大学職員への道

 

大学職員の公開されている求人をまとめてくれています。

最終的に応募はHPからや、

転職サイトを通じておこなうことになります。

 

漏れなく情報を収集するには、

紹介した転職サイト・エージェント・その他を広く組み合わせていくのがいいのかなと思います。

 

 

と、言うわけで。

新卒との違いをしっかりと把握し、

サクッと内定取ってさっさと転職しましょ。